クラビットは、目や皮膚など体のあらゆる部位で引き起こされる感染症を予防したり治療したりします。ほとんどの細菌をクラビットで殺すことができます。また細菌がDNAを分裂することを阻害するので、増殖を抑制します。しかしクラビットは効果と同様に副作用も強いのが特徴で、下痢や不眠、吐き気などが挙げられます。特に副作用の症状が重い人では、うつ病性障害に陥ることがあり、適切な予防法を実践する必要があります。うつ病性障害とは、気分がコントロールできずに日常生活に支障をきたす気分障害の一つで、症状の程度や継続期間に基づいて大うつ病性障害と気分変調性障害に分けられます。一般的にうつ病性障害の治療薬はいつくかありますが、予防法として使える薬はありません。よって憂鬱な気持ちになった時に3つのことをするのが予防法として最適です。まず思考方法を変えることです。特に完璧を求める人や考え方が両極端である人に当てはまります。最高のクオリティを求めている思考がプラスに働くのは良いことですが、無理をし続けると心身に大きな負担をかけます。仕事などを頑張りすぎて睡眠不足になるとうつ病性障害の発症リスクが高まるので、考え方をリラックスすることが大切です。次に食生活の改善です。うつ病性障害では、脳内のセロトニンの不足がきっかけで発症します。セロトニンはトリプトファンという物質から作られ、肉類や納豆、たらこを食べると良いです。そして太陽の光に当たることです。日光浴は体内の状態を整える作用があり、睡眠障害にも有効です。外出して散歩をすれば運動にもなり、気分がリフレッシュされます。室内にいることが多い人でも、カーテンを開けるだけで改善されます。