Month7月 2014

性行為による性感染症を防ぐにはコンドーム

コンドームで性行為による性感染症を防ぐ事も大事になってきます。コンドームには避妊効果もありますけど、性病の感染を断ち切る事もできる優秀なアイテムになってきます。
もちろんすべての性感染症を防ぐ事はできませんけど、ある程度の性感染症を防ぐ事ができますので今では性病の予防としては効果が期待できるアイテムの代表的な存在になっています。
最近はクラミジアという性感染症も若い人を中心に増えていますけどこちらもコンドームを着用する事によって防ぐ事ができます。
ただ注意してもらいたい事があって、セックスの中でも男性器を女性器に入れる時だけコンドームを着用する人が多くて、オーラルセックスやアナルセックスの時はコンドームを着用していない人が多いです。
今では多くの人がオーラスセックスをしていますけど、その時に着用していないと性感染症に感染してしまう可能性がある事をしっかり把握してセックスしていかなければならないです。
つまりコンドームで予防するためにはすべての性行為できちんと着用する必要があります。男性だけでなくて女性もコンドームを着用するようにします。
そうすることで性感染症から身を守れる確率が上がってくるのです。

グラム陽性菌や陰性菌に有効なクラビット

感染症は、病原微生物が人の体に侵入し悪さをする病気です。腫れや発赤を生じ、ときに化膿し、痛みや発熱により苦痛をもたらします。

グラム陽性菌や陰性菌に有効な病原微生物には、細菌やウイルス、真菌(カビ)などが含まれます。
このお薬が有効なのは、おもに細菌による感染症です。
グラム陽性菌や陰性菌をはじめ、クラミジアやマイコプラズマ、レジオネラという細菌にも有効です。病原菌が死滅すれば、腫れや発赤がおさまり、痛みがとれ、熱があれば解熱します。

尿路感染症をはじめ、呼吸器感染症、皮膚感染症、また耳鼻科領域の感染症などに広く用いられています。
クラビットと呼ばれる抗菌薬です。
旧来の抗菌薬に比べ抗菌力が強く、いろいろな細菌に有効です。
病巣への移行がよく、飲み薬では治療の難しかった難治性の感染症にもよい効果を示します。副作用も少ないほうで、ペニシリン系やセフェム系抗生物質にアレルギーのある人でも使用可能です。
ニューキノロンのなかでも、とくに抗菌活性が強く、呼吸器感染症の治療に適しているものを「レスピラトリーキノロン」と細分類することがあります。
抗菌スペクトルが広く、呼吸器感染症の主要原因菌である肺炎球菌をはじめ、ペニシリン系など一般的な抗生物質が効きにくい肺炎マイコプラズマや肺炎クラミジに対しても有効性を示すのが特徴です。