クラビットは別名レボフロキサシン水和物と言います。主に細菌感染に処方される薬で、膀胱炎や腎盂腎炎などの尿路感染や、上気道炎や気管支炎などの呼吸器感染に対しても処方されます。そしてもう一つ重要なのが性病の1つであるクラミジアに感染した際に処方されるということです。病気にかかった時には多くの人が病院に行って医師の診断を受けます。しかし、時には仕事が忙しくていけないという人もいます。そしてクラミジアの場合には、もうすでに何回か症状を繰り返しているので、病院に行かなくてももうクラミジアをぶり返したことが分かるということもあります。そのような時には病院に行かなくても自分でクラビットを購入して飲みたいという人もいますよね。そんな時に利用できるのが、個人輸入代行です。個人輸入代行では海外の同様の効用を持つ薬を輸入して販売します。購入に関しては医師が診察して購入するわけではないので、個人が責任を持つことになります。しかし、費用面や通院の手間を考えるとやはり病院にいくよりも良いと考え個人輸入代行を利用する人も少なくありません。そして性病にかかった場合は、パートナーも感染していることがほとんどなので、一緒に内服をして治療を行う必要がありますが、どうしてもパートナーが納得してくれず、病院にいってくれないということもあります。そのような時に、ひとりは病院を受診して内服をもらい、受診を拒否しているパートナーは個人輸入代行で購入したクラビットを内服して治すということも不可能ではありません。費用面でも安く上げることができるでしょう。しかし、費用のことだけを考えていてはいけません。本来は医薬品ですし、医師の診察、そして処方箋のものに内服をすることが大切なのです。そのために購入後の内服に関しては医師や薬剤師には相談して始めるのがいいですね。