エイズというのは現代の医学でも治すことが出来ない病気だけに、とても怖い病気ですがその感染予防法自体はそれほど難しいものではありません。
エイズは感染力の非常に弱い病気であるため、感染予防法を徹底していればエイズになってしまうということはそこまで高いものではありません。
基本的にエイズ患者の血液に接触したり、性行為をしなければ感染するようなものではなく性行為をする場合であってもコンドームなどの予防をしていれば避けることができる病気となっています。
コンドームはエイズ以外の病気の感染予防法にも非常に効果的なものとなりますが、その一方で性感染症というのは性器同士の接触以外にも感染する場所が多いので、コンドームだけでは防ぎきることが出来ません。

エイズのように本当に怖い病気はコンドームの着用だけで大分可能性を低くすることが出来ますが、それ以外のクラミジアであったり淋病といった病気は感染しやすいので完全に防ぐことは難しいものとなってしまいます。
クラミジアや淋病などに感染をしてしまった時に効果的な治療法としては、クラビットがありクラビットを正しく服用することによって性感染症を治療することができます。
クラビットを服用をする際に大事なことは、決められた用量を決められた時間に飲むことで病気が完治するまで飲み続けるという点にあります。
これはクラビットに限った話ではなく抗生物質全体にいえることで、中途半端な量を中途半端な使い方をして完全に治る前に服用をやめてしまうと耐性菌を生み出してしまうことになり、病気を治すどころか逆に治りにくくなってしまったり悪化させてしまう原因となるのでしっかりと正しく服用することが重要となります。